国内旅行において、往年の車両に乗りに行くことがあります。私鉄間で車両の融通をしているようです。

国内旅行はパワースポット巡り
New Topics
国内旅行はパワースポット巡り

国内旅行で往年の車両に乗る

鉄道の車両は比較的長く使われるものがあるようです。一つの車両を見ても、車輪の部分や車軸は交換していても、本体部分はそのままだったりします。座席などを新しくして使い続ける場合もあります。でも、会社としては高性能なものを利用して高いサービスを提供したいと考えます。おのずと古い車両は廃車せざるを得なくなるのです。中古車でも廃車をする前に業者に売りに行くことがありますが、鉄道でも廃車前に何処かで必要としていないか聞くことがあります。

その会社にとっては古くても、別の会社にとっては新しい車両が買えないので、できれば譲って欲しい、安く購入させてほしいとなるようです。そこで、往年の車両が別の鉄道会社で活躍することがあります。国内旅行に置いて、かつての車両が走っているところに行って乗ってみる事がありました。よく知られているのは北陸であったり、東海地方の地方鉄道です。これらにおいては、塗装などもかつてのもののままになっているので、懐かしさを感じやすいです。

信州にもかつての車両が走っていることがあります。パノラマタイプの観光列車なので、先頭車両は非常に人気があるようです。九州にもかなり前のものが現役で走っていることから、それに会いに、乗りに行く人がいます。

推奨記事

比べてお得!

Copyright (C)2017国内旅行はパワースポット巡り.All rights reserved.