彼との国内旅行と言えばやはり温泉でしょう。しかも混浴でお互いの体温を感じながら良いお湯を楽しむなんて最高です。

国内旅行はパワースポット巡り
New Topics
国内旅行はパワースポット巡り

国内旅行の醍醐味は温泉しかも混浴。のハズが・・

国内旅行に彼氏とお出かけ、となればやはり温泉がおススメでしょう。しかも混浴なんて最高です。人間同士、やはり裸の付き合い(ちょっとニュアンスが違うか?)をするのとしないのとでは心の解放度も接近度も違ってくるというものです。しっぽり気持ちのいい温泉に浸かりながらお互いの体温が感じられる距離でリラックスした時間を楽しめるなんて、温泉旅行の一番の醍醐味ですよね。

私も彼との国内の旅行と言えば温泉宿を選んでしまいます。お付き合いしたての頃は貸切露天風呂とか客室付温泉とか彼と二人きりで入れる温泉に限っていましたが、付き合いが長くなればなるほど次第に温お湯自体を楽しみたいという欲求が強くなってきて、今では他のお客様もいらっしゃる一般的な「混浴」と言われるものにも躊躇なく浸かれるようになりました。けれど先日宿泊した温泉宿では辟易する出来事がありました。

そこは小さく3つに仕切られた湯船が特徴的な、混浴野天風呂が自慢の宿でした。温泉通の彼も初めて訪れる宿で、その泉質の評判の良さをとても楽しみにしていました。別々に仕切られた脱衣所を出てさあいざ入浴、と言うところまで来て私たちの足は完全に止まりました。3つの湯船には先客がいたのです。どれも30代〜50代くらいのカップルでした。それは別に良いのですが問題はその先客たちの雰囲気でした。もうカップル同士のラブビームとピンクオーラがムンムンの、一触即発で何か色事が起こりそうなほど濃いムードが充満していて、とても入っていける空気ではありません。仕方なく着衣して1時間半ほど外で待ってみましたが誰も出ては来ず、結局その野天温泉には入れず仕舞いでした。本当にがっかりです。皆さん、混浴風呂は健全にかつ公共的に楽しみましょうね!

推奨記事

比べてお得!

Copyright (C)2017国内旅行はパワースポット巡り.All rights reserved.