新幹線で国内旅行をする場合、座席の取り方で快適さが変わるのかを経験を元に独断で検証してみた。

国内旅行はパワースポット巡り
New Topics
国内旅行はパワースポット巡り

国内旅行と座席の関係

新幹線を使って国内旅行をする場合、座席の取り方で旅の快適さが大きく変わるので注意が必要である。グリーン車は左右2席づつだが通常の指定席は、3席、2席となっている。進行方向に向かって一番左がA席であり、一番右がE席となる。二人で旅行する場合、こちらが指定しない限り、D席とE席が提示される。もしくは、A席とB席である。では一人の場合は、どの席に座れば一番快適なのだろうか。多くの人は窓際のA席かE席であると答えるだろう。しかしながら窓際が快適だとは限らない。A席やE席に座ると、携帯電話が鳴ってデッキに行かねばならない時や、トイレに行きたいときなど隣の人の足をまたいでいかなければならないので一苦労なのである。

では、通路側のC席かB席が良いのかというとそうとも限らない。確かに、携帯電話がなりデッキに出るときや、トイレにたつ時は便利である。しかしながらA席やE席の人がトイレに立つ時は足を折りたたんで通路を作らねばならない。眠っている時など結構面倒である。そう考えると、結局どの席でも対して変わらないのではないかというきがしてくる。ただし、B席のみは左右に人が座るため、できれば避けた方が良いかもしれない。

推奨記事

比べてお得!

Copyright (C)2017国内旅行はパワースポット巡り.All rights reserved.